fbpx
string(5) "13497"

Two Stage Serial Turbochargers for Diesel Engines

Garrettのディーゼル用直列式2段ターボは、2つのターボを直列に配置することにより、ターボチャージャーの利点を活かしたものを提供しております。これにより、過渡性能の向上と、低速トルクが向上し、乗用車および商用車へ適用することで、燃費効率の最適化を提供します。自動車メーカーはこの技術を利用してエンジンのダウンサイジングや性能を向上させることが出来ます

性能を最大化し、ターボの寿命を延ばす

Garrettのディーゼル用直列式2段過給ターボは、ターボチャージャーのメリットを倍増させ、過渡性能を向上させ、燃費効率を最適化します

小型化設計による燃費と走行性能の向上

Diesel Benefits

当社のディーゼル用直列式2段過給ターボは、自動車メーカーがエンジンを製造する際の柔軟性を高めます。燃費の向上により、性能を犠牲にすることなくエンジンを小型化したり、既存のエンジンの出力やトルクを大幅に向上させることが出来ます。その他の主なメリットは以下の通りです

エンジン熱効率の向上

燃料消費量の削減

NOx排出量の削減

圧力比の増加

ディーゼルエンジン用直列式2段過給ターボチャージャーの主な特長

ディーゼルエンジン用直列式2段過給ターボは、コンプレッサーの仕事量を2つのターボで分担し、高効率で動作することが出来ます

1. 新鮮な空気を1段目のコンプレッサーに取り込みます
2. 圧力は2〜2.5倍に増加します
3. この加圧された空気は2段目のコンプレッサーに送られます
4. さらに2~2.5倍に加圧されます

各段階の圧力比を低くすることで、回転数を遅くすることが出来ます。これにより、ベアリング、コンプレッサーホイール、タービンホイールの信頼性が向上します。さらに、ディーゼル用2段シリアルターボは、ターボ間のガス流量をバイパスバルブで調整します。このバイパスバルブは回転数に応じてモードを変更し、高圧の小型ターボと低圧の大型ターボ間のガス移動を最適化します

・1500rpm以下:コンプレッサーバルブ、バイパスバルブともに閉じたままで、ブースト圧とトルクを増加します
・1500rpm~2800rpm:バイパスバルブが開き始め、ターボ間の排気ガス通路を流します
・2800rpm以上:コンプレッサーバルブ、バイパスバルブともに全開のままで、大型ターボのみにガスを流すように調整します

エンジン領域

Garrettのディーゼル用直列式2段過給ターボは、2つのターボを直列に配置することにより、ターボチャージャーの利点を活かしたものを提供しております。これにより、過渡性能の向上と、低速トルクが向上し、乗用車および商用車へ適用することで、燃費効率の最適化を提供します。自動車メーカーはこの技術を利用して、エンジンのダウンサイジングや性能を向上させることが出来ます。当社のディーゼル用2段式シリアルターボは、1Lの小型車両から64Lの巨大な鉱山機械まで、さまざまなエンジンサイズで使用することが出来ます。ただし、最も一般的に使用されているのは、1.6Lから3Lまでのエンジンです

ディーゼル車とコネクティッドビークル向け直列式2段過給ターボシステム

当社のディーゼル用直列式2段過給ターボは、自動車メーカーにエンジン改良する為の、より多くの選択肢を提供します。Garrettはまた、コネクテッド車両や先進的な電動ブースター製品を通じて、総合的なソリューションを提供しています。これには、オンボードからオフボードへのサイバーセキュリティ保護、OEM診断予知ソリューション、インテリジェントパワートレイン制御が含まれています