string(5) "13497"

燃費効率、耐久性、性能の向上

オンハイウェイとオフハイウェイでは、過渡性能の向上、低速トルクの改善、ターボ寿命の延長、燃費効率の最適化の為に、2つのターボを直列に配置することでターボチャージャーの利点を活かせます

エンジン領域

Gattett2段式ターボシステムは、小型のダウンサイジング4.4L建設車両から大型トラックや巨大な64L鉱山機械まで、幅広い用途で採用が進んでいます。また、排出ガス規制の強化に伴い、小排気量の中型エンジンへの採用も進んでおり、特に魅力的な技術となっています

商用車用直列2段ターボチャージャーの主な特長

直列2段ターボは、1段目のコンプレッサに新鮮な空気を取り込み、大気圧の約2~2.5倍に加圧します。この加圧された空気は2段目のコンプレッサーに送られ、さらに2~2.5倍に加圧されます。その後、空気は冷却され、エンジンのインテークマニホールドでは、通常の大気圧4~5倍、周囲温度より20℃程度,高い空気が供給されます。この空気を2台のターボで分割して圧縮することで、2つのコンプレッサーの効率を最大にすることが出来ます。また、各段式の圧力比が低い為、回転速度が低くなり、軸受システム、コンプレッサーホイール、タービンホイールの信頼性が向上します

燃費効率、耐久性、性能の向上

商用車用直列2段ターボチャージャーのメリット

Garrettの直列2段ターボは、ミラーサイクルまたはアトキンソンサイクルエンジンを使用するエンジンサプライヤーに最大のメリットを提供します

ダウンサイジングのメリット

性能を犠牲にしない

低NOx化

排気ガス再循環(EGR)率の向上による性能向上

圧力比の増加に効果的

オーダーメイドされたエアロダイナミクスソリューションによる高効率

ミラーサイクルの可能性

より高い圧力比能力のおかげで、2段式は厳しいミラーエンジンに最適なソリューション

今後の進化

Garrettは、2段式技術の先駆者です。1990年代初頭に高所作業車用鉱山機械に開発された2段式ターボシステムは、2003年に量産型オンハイウェイトラックエンジン用に採用されました。ほとんどの2段式 システムは、先進的なウェストゲートとフリーフローティングターボを搭載していますが、一部の OEM は、特定の出力と低速トルクの基準を満たし、高圧 EGR を駆動する為の可変ジオメトリー構造を含む、2段式システムを選択しています

2段式ターボ技術は、システム性能を維持しながら性能と排出ガスに関する目標を達成することが出来る為、世界中でより広く採用されていますGarrettのエンジニアは、エアロダイナミクス、ベアリング、シーリングシステム、素材の進歩を通じて、この技術における当社のリーダーシップを強化することに全力を尽くしています