string(5) "13497"

Hydrogen Fuel Cell Technology for Vehicles

Our efficient, powerful and lightweight compressors fuse leading-edge automotive technologies to boost next-generation fuel cells and promote the adoption of zero-emission cars and trucks.

Increased Power & Efficiency in a Compact Design

Garrettは40年以上にわたり、燃料電池車の技術革新の最先端を走ってきました。当社は2016年に自動車業界用の初めての燃料電池量産車向けアプリケーションを発表し、現在はeTurboを含む電動化システムにおけるグローバルな足跡とリーダーシップにより、このゼロ・エミッション技術の世界的な普及を促進しています

Garrett Motion Logo

燃料電池の最新ニュース

GARRETTのソリューション

乗用車向けソリューション

15 kW

商用車向けソリューション

25 kW

Garrett Motion

1. 2ステージ電動コンプレッサー

Garrett Motion

Garrettの2ステージ電動コンプレッサーは、燃料電池スタックをより高い圧力と流量に過給し効率と出力密度を大幅に向上させ、通常サイズの車両の電動パワートレインに適合し駆動する為のパッケージの小型化を可能にします。
その結果、走行性能が向上し、ゼロ・エミッションの将来に向けた大きな一歩となります

Garrett Motion

2. 新世代モジュラーFCコンプレッサ:オプションのタービン

Garrett Motion

この新世代製品は、空力設計に関するGarrettの基盤となるターボチャージャービジネスの知識、新しい高回転モーターの経験、オイルフリーベアリングの経験を融合させたものです。燃料電池車用コンプレッサーは、15万回転以上の高速回転が可能であり、コンパクトなサイズでありながら、優れた性能と効率を実現しています

 

View Features

Garrett Fuel Cell Innovation Timeline

1981

2つのブートストラップターボコンプレッサー(フルフローサイズ、パーシャルフローサイズ)
東京電力 5MWリン酸型燃料電池発電所

1997

ターボコンプレッサー 米エネルギー省
小型自動車用50kW PEM燃料電池

2003

モータードライブターボコンプレッサー
無人航空機用PEM燃料電池システム

2007

VNT搭載ターボコンプレッサー
小型自動車用米エネルギー省 80kW PEM燃料電池システム

2016

モーター駆動コンプレッサーの量産化
乗用車用103kW PEM燃料電池システム

2022

新世代の燃料電池車用モジュール式コンプレッサー@ウィーンモーターシンポジウムにて、選択肢としてのタービンエキスパンダーを発表

パワーと効率の向上

お客様に選ばれる理由

耐久性

Garrettの燃料電池車用コンプレッサーは、100万回以上の起動と停止のサイクル、並びに25,000時間以上の寿命を持つ、クラス最高レベルの耐久性を実現します

高効率

選択肢としてのタービンエキスパンダーにより、OEMはスタック出口で排気エネルギーを回収することが出来ます。これにより、燃料電池ターボコンプレッサーの駆動に必要な電力を最大20%削減することが出来ます

搭載性

超高速回転(150 krpm以上)により、ISO同等の性能(流量/圧力比)と比較して、コンパクトな機械が可能になります

成熟度

高回転電気機械の経験と燃料電池業界に関する深い見識。2021年に世界初のターボを発売

コスト

小型化により、原材料の使用量を削減することが出来ます。製造に適した設計手法と組み合わせることで、部品コストを1/3まで削減することが出来ました

燃料電池車向けのプロジェクトはありますか?

成功事例

GarrettとREFIREテクノロジーが、中国の燃料電池自動車の産業化を促進するために提携

Garrettは、上海のREFIRE Technology Co, Ltd.と、水素燃料電池車(FCV)の将来のパワートレインシステムに向けた先進のエアコンプレッサ技術ソリューションの共同開発に関する協力契約を締結しました

READ MORE

重要な挑戦は、燃料電池システムの小型化と高効率化であり、従来の車両と同じ室内空間を持つ車両に搭載出来るようにすることです。それが、現行型ホンダ クラリティ フューエルセルの成果の一つです。燃料電池のスタックを先代よりも30%小さくしたことで、ホンダはクラリティの車内空間を拡大することが出来ました

先代のクラリティは4人乗りでしたが、現行モデルは5人乗りです。これは、今後の燃料電池車のベンチマークとなるものです。コンパクトで軽量のコンプレッサーから供給される空気は、1平方インチあたり58ポンド以上という高い圧力を供給します。この高過給とホンダの燃料電池スタックの効率化により、V型6気筒エンジンを搭載したセダンの性能に相当する電力を発生させることが出来ます

燃料電池の知識を深める

将来のPEM燃料電池車ニーズを満たすレクトリックエアコンプレッサーの開発

プロトン交換膜(PEM)燃料電池車用エアコンプレッサの主な設計要件と、これらの要件を満たすためにGarrettが開発している主要な技術とアプローチをご覧ください

WATCH WEBINAR

garrett fuel cell webinar

製品情報 – 世界の自動車産業において電動化を加速する水素燃料電池車

水素燃料電池自動車(FCEV)は、バッテリー電気自動車(BEV)やプラグインハイブリッド自動車(PHEV)と並んで、今後、世界的にゼロエミッション車を追求する上で重要な役割を果たすと思われます。自動車業界は、電動化を利用した新たなパワートレイン革命に投資しています

DOWNLOAD WHITEPAPER

Fuel cell technology

Whitepaper:将来のPEM燃料電池ニーズを満たすレクトリックエアコンプレッサーの開発

プロトン交換膜(PEM)燃料電池車用エアコンプレッサの主な設計要件と、これらの要件を満たすためにGarrettが開発している主な技術とアプローチをご覧ください。

DOWNLOAD WHITEPAPER

Fuel cell whitepaper

ご質問はありますか?

こちらまでお寄せください