fbpx
string(5) "13497"

On Vehicle Performance

車両性能の項目では、一般的なエンジンとGarrettターボチャージャーの組み合わせによるダイナモによる性能データを提供しています

エンジンプラットフォームに最適なターボの組み合わせについて詳細をご覧下さい

エンジンプラットフォームはこちら

Garrettの車載用性能データページは、特定のエンジンプラットフォームとターボの組み合わせにおけるヒントや性能データを確認する為の簡易マニュアルガイドとなることを目的としています。このデータ書庫は、ターボのマッチングを容易にする為に、Garrettがスポンサーを務めるレーサー、メカニック、影響力を持つ人達から収集されたものです。これらのデータを元に、最適なターボをお選び下さい。以下のデータは、Garrettターボチャージャーを使用しているレースチームから提供されたものであり、エンジンにマッチするターボを特定する為の参考データとしてご利用下さい。全ての条件が同じでない限り、性能結果は異なります

エンジンプラットフォームを確認するには、
下記をスクロールして下さい

LSエンジンプラットフォームの性能データ

LSエンジンは、ターボチャージャー愛好家にとって最も人気のあるエンジンプラットフォームの1つです。その為、ターボチャージャーを搭載するV8エンジンとしては、最もポピュラーなエンジンです。このページでは、LSエンジンを動力源として使用するトップレーサーや影響力を持つ人達からのヒントやダイノマシンによる性能データを提供しています

エンジンデータはこちら(英語)

トヨタ 1JZ / 2JZ エンジンプラットフォーム用の性能データ

トヨタJZエンジン系は、直列6気筒エンジンのシリーズです。JZエンジンは24バルブDOHC(デュアルオーバーヘッドカムエンジン)で、世代が進むにつれて2.5リッターと3.0リッターが用意されるようになりました。1ZJは1990年から2007年まで生産され、排気量は2.5Lで、GE、GTE、FSEなどの構成がありました。2JZは1991年に生産が開始され、排気量は3.0Lです。1JZ、2JZのターボチャージャーは、その排気量から多くの選択肢がありますが、最も重要なことは、目標をどのような走りをするのか、どのようなエンジン単体馬力にするのかということで

1JZ 2JZ エンジンの詳細はこちら(英語)

2014年~2018年 フォルクスワーゲン / アウディ 2.0L TSI MK7 の性能データ

フォルクスワーゲンおよびアウディMK7 2.0L TSIエンジンプラットフォーム用のGarrett PowerMax™ターボチャージャーのアップグレードは、OEMの取付仕様を維持しながらエンジン性能を向上させるように設計されています。ステージ1(485BHP*)とステージ2(600BHP*)のアップグレードは、OEMターボチャージャーと比較して、効率と空気量を最大化にします。タービンホイールはMar-M合金製、ツインスクロールタービンハウジングは1050℃まで使用可能です。 これらのターボチャージャーは、校正された電子アクチュエーターと付属部品で完全に組み立てられており、OEMに直接装着することが出来ます

2.0L VW/AUDI エンジンデータはこちら(英語)

2013年~2018年フォード2.0L EcoBoostの性能データ

2013 – 2018年 2.0L フォードEcoBoostエンジンプラットフォーム用のGarrett PowerMax™ Stage 1ターボチャージャーは、OEMの取り付け仕様を維持しながらエンジン性能能力を向上させるように設計されています。このダイレクトドロップインターボチャージャーは、OEMよりも最大16%多い流量を提供し、最大350 BHP*(260kW)を支援していますこのPowerMax™ Stage 1ターボの適用車種は以下の通りです。フォード Focus ST|フォード Escape|フォード Kuga|フォード Fusionン|フォード Taurus|リンカーン KMC|リンカーン MKT|リンカーン MKZ

 2.0L FORD ECOBOOST エンジンデータはこちら(英語)