fbpx
string(5) "13497"

パワーと効率の向上

電動ターボの革新

Garrettの電動ターボ(eTurbo)は、ガソリン、ディーゼル、天然ガス(CNG)など、あらゆる燃料の小型車と商用車の両方にエキサイティングな可能性を示しています

 

Garrettは業界初の電動ターボで2021 Automotive News PACE Awardを受賞

Garrettの最先端技術であるeTurboが、電動ターボチャージャーで初めて、技術進歩や業績を表彰するAutomotive News PACE (Premier Automotive Suppliers’ Contribution to Excellence) Awardを受賞し、優れたイノベーションであることが認められました。世界トップクラスのGarrettのエンジニアは、熱管理、エネルギー回収、コンパクトなパッケージング、大量生産で低コストの設計における多くの課題を克服してeTurboの開発に成功し、PACE審査委員会の驚きと共に2021年9月に受賞しました

詳細はこちら(英語)

小型車用ガソリンエンジン

eTurbo|EU7の特長的なテクノロジー

Garrettは、複数のeTurbo実証車両を製作し、エンジンの出力とトルクを向上させながら、エンジンをλ1で作動させ、電動ブーストソリューションが車両の電気系統にエネルギー回収を提供する方法を行っています

ターボチャージャーを電動化することで、低流量でコンプレッサーを駆動する為に効率の良い小型のタービンが必要になるという制約がなくなります。その代わり、λ1の定格出力に合わせたサイズのタービンを使用することが出来ます

ラムダ1(または理論空燃比)は、今後の法規制の重要な部分となります

Garrettの電動ブースト技術の詳細についてご興味のある方は、eTurboのホワイトペーパーをダウンロードして下さい

詳細はこちら(英語)

強大な業界では、全てのハイブリッドが急成長(MHEV、HEV、PHEV

この技術は、地域、国、地方の燃費や大気質の目標達成のために利用されます

例:欧州
CO2 – 2025年までに15%減、2030年までに37.5%減(2020年比較)
RDE – シティ、エキストラアーバン、ハイウエイ
都市へのアクセス – 通行料と駐車料金
ガソリン – 微粒子 & λ1
ディーゼル – NOx & NH3

EU7の燃費と排ガス目標達成の為に、パワートレインをハイブリッド化する必要がある

eTurboは、エネルギー回生(効率的なエネルギー管理/車両発進後の走行距離とバッテリー充電量(SOC))の機能を追加して、統合的でコンパクトかつバランスの取れたソリューションを提供します。eTurboは、電動モーターとワイドレンジ・コンプレッサーとの組み合わせにより、低回転域のレスポンス向上と高回転域の性能向上を同時に実現し、イナーシャの不利点を補うことが出来ます

Garrettの電動ブースト技術の詳細については、eTurboのホワイトペーパーをダウンロードして下さい

詳細はこちら(英語)

EU7境界条件での性能とCO2への将来性

主な特長

EU7主流な概念

  • ラムダ1フルマップ @ 980度
  • エンジン設定値(出力)16% 出力
  • エンジン設定値(トルク)10.5% Tトルク
  • 過渡4倍 1500rpmでのトルク勾配
  • トルクの一貫性速度範囲全体
  • 速度範囲全体> エンジンの回転変動でバックラッシュ時の運動エネルギー回収率60%以上(現状、可能性 >100%)
  • 低コスト化(調査中)
  • Co2排出の削減(調査中)

eTurboの特長

ダウンサイジング

(例)3L→2L、2L→1.5Lの場合
  8気筒→6気筒→4気筒→3気筒

ダウンスピーディング(低回転域)

シフト戦略
CO2削減/燃費向上

高度な燃焼を可能

ラムダ1、リーン燃焼、 GDCI

高効率エアロダイナミクス

新しい高効率コンセプト
制約が少ない、より広い設計空間

回収とターボとの調合

排ガスエネルギーを有効活用
(エネルギーコストに基づく)

スマートハイブリッド

エンジン非力時は電気駆動
ハイブリッドシステムが有効なときはエンジンで走行

熱管理

コールドスタートアシスト/負荷制御

2ステージ

再マッチングと変化

熱管理

コールドスタートアシスト/負荷制御

業界の電動ブーストニーズに応えるべく、今すぐ準備に取り掛かれます

受賞歴のあるGarrettのeTurboは、今の時代に、業界の電動ブーストのニーズを満たし、それを上回る準備が出来ています。比類ないエンジニアリングの専門知識と高度な電動化能力の結果、GarrettのeTurboは、基本から実現までのすべてを自社で開発しました

詳細はこちら(英語)

Contact

お問い合わせはこちら